2016年10月 1日 (土)

チリコンカン

Nd3_8538s_3

材料

Nd3_8526_2

Amazonでリゾーニをポチリ!

Nd3_8521

キドニービーンズと挽肉、トマト缶にタマネギの微塵切り、紅玉が半分有ったのでこれも微塵切り

Nd3_8529

調味料はニンニクに唐辛子、ガラムマサラにクミンにパクチー、ローレルそしてシナモンをパッパッパッとファジーにふりかけ

トマトケチャップにウスターソース、味付けはコンソメ1個を放り込んで

挽肉をオリーブオイルで炒めた後水無しで15分ほどコトコト

Nd3_8535

リゾーニは米粒型の米粒の半分ぐらいな大きさなのでリゾーニ100gに熱湯200ccぐらい入れてレンジで5分ほどチンして、その後5分ほど蒸らしオリーブオイルを加え混ぜればOK

Nd3_8539

クスクスよりは時間がかかります。

Img_0554

チリコンカンは豆料理なので一人前はリゾーニ50gで良さそうです。

| | コメント (0)

2016年9月 1日 (木)

茶碗蒸し

Nd3_8674_3

材料

Nd3_8669

干しシイタケを150CCの湯で戻し
エビにカマボコ、ミツバは茶碗蒸しに必携ですが150円ぐらいな投資になるので却下、いろどりは冷凍インゲンで

銀杏は必携ですが残りは保存が効き焼いてつまみにもなりますので250円で購入

計量カップに酒大さじ1、白だし醤油大さじ1弱、顆粒ダシ少々、そしてシイタケの戻し汁を全量で120ccになるまで加えて卵と混ぜます。

Nd3_8670

茶碗に具を入れて溶き卵を流し込むと沈む具は銀杏とエビだけ

Nd3_8672

そして蒸し器へ

蒸し器と深鍋が無いので我が家唯一の深鍋なのがかなり昔の圧力鍋(幸い蒸し器用の底器具付き)を使い沸騰した鍋に茶碗を入れます。

Nd3_8673

いちど蓋をして(圧力は掛けず)1分ぐらい中や蓋を温めます。

そして蓋との隙間に割り箸を1本おいて隙間を空け弱火で加熱します。

Nd3_8670_2

ガスの弱火側いっぱいにして20分で出来上がり

Nd3_8662

一度卵1個に150ccを加え20分加熱してみましたがちょっと柔らかく更に5分追加してみましたがやはり柔らかくダシ(水)が多かったようで30ccほど少なくしました。

そして完成、程良く出来上がりました。

Img_09202


| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

焼たらこ

焼たらこはフライパンで焼くとパチパチ跳ねて皮が破れてしまいます。

Nd3_5200

そこでアルミホイルに包んで焼いたらどうだろう(蒸し焼きだと言われそうですが・・・)

Nd3_5201

あん肝を蒸すときのようにしっかり包んでキャンディ状態にしてパンパンになるまでひねり焼皿に載せて

Nd3_5202

オープントースターで焼いてみることに

Nd3_5210

取りあえず5分焼いてみると全くの生

Nd3_5203

そこでさらに10分、合計15分焼くと

ふふ

思いの外水分も目立たずにベシャベシャした感じは無く良い感じ

Nd3_5211

すぐにアルミホイルを剥いで余熱で水分をできるだけ飛ばします。
(アルミホイルの耳を大きくしておくと剥ぐときに熱く有りません)

P1070218

焼いているときにはじける音も聞こえず大丈夫かな?と逆にちょっと心配でしたが思いの外パンクもせずに綺麗に焼けました。

P1070219

| | コメント (0)

2015年12月25日 (金)

カステラ

Nd3_3670s

材料

Nd3_3629s_2

強力粉250g

砂糖250g

卵8個

ハチミツ45cc

牛乳45cc(大さじ3)

調理

卵白と卵黄をわけて

Nd3_3630

攪拌しながら卵白に砂糖を少しずつ加えメレンゲに

Nd3_3635

ハチミツはそのままでは硬く混ざらないので牛乳と混ぜてレンジで1分

Nd3_3636

メレンゲにハチミツと卵黄を混ぜて高速でミックス

Nd3_3642

小麦粉は250g測り取り置き

Nd3_3638

ふるいで少量ずつメレンゲとしっかり混ぜて

Nd3_3644

シートを敷いた型に

Nd3_3648

流し込み

Nd3_3650

180℃のオーブンで20分焼き

その後150℃に下げて50分焼いて、竹串で焼け具合を確認

Nd3_3657s_2

焼けたらすぐに取り出しラップの上にひっくり返して取り出し熱を冷まして

Nd3_3660

返してラップを取り除き

Nd3_3665s

三等分に切り分けて

しっとり重いカステラができあがりました。(自家製なので耳はノーカット)


| | コメント (0)

2015年10月 7日 (水)

そばクレープ

Nd3_8033

材料
そば粉     100g
小麦粉      25g
水       250cc

Nd3_8021

調理
そば粉、小麦粉を水で溶きます。

Nd3_8022

180℃のフライパンで両面を2,3分焼きます。

Nd3_8023

焼き上がったらお好みのジャム(写真はお手製あんずジャム)など塗ってできあがり

Nd3_8028

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

チリクラブ(カニカマ)とエビチリ

Nd3_3135s

材料

Nd3_3139s

レトルトフカヒレスープを半分

ケチャップ

チリペッパー

玉子は1個(多すぎると白くなってしまいます。)

水200cc

調理

Nd3_3138

煮立ったら溶き卵を回し入れ少し固まるのを待って崩します。
固まるのを待たずに、すぐに崩すと完全に混ざって白っぽくなってしまいます。

ここでタラバガニを放り込めば完璧なのですが・・・

カニカマで

Nd3_3140

こちらはシンガポールのyu cuisine (ユキュイジーヌ)で食べたタラバガニのチリ・クラブ

見た目の豪華さは変わりません

Img_2354

このソースで同様にエビチリを

多めの油で軽くエビを炒め

Dsc04548

後は卵を落として出来上がり

Dsc04549

やはり本物のエビは美味い!

Nd3_3208
 

| | コメント (0)

2015年5月20日 (水)

シホンケーキ

Nd3_1167

材料
卵3ヶ、薄力粉90g、粉糖125g、オリーブオイル35cc、ベーキングパウダー小さじ1、塩小さじ1、オレンジマーマレードおおさじ1ぐらい

Nd3_1138

調理

卵白と粉糖を攪拌しメレンゲに

Nd3_1142

卵黄と薄力粉他を混ぜて

Nd3_1144

メレンゲを加え攪拌

Nd3_1145

予熱したオーブンに生地を型に入れて160℃50分

Nd3_1146

焼き上がり

Nd3_1147

逆さにして3時間熱を取り

Nd3_1148

手で上から軽く押してゆるめ型から抜きます。

底はナイフを入れて型から外します。

Nd3_1151

アイシング(グレイス)作り

粉糖125g、バター40g、オレンジジュース大さじ1、オレンジマーマレード大さじ1、ラム酒大さじ1

Nd3_1156

バターを溶かしその中へ材料を放り込んでなめらかになるまでかき混ぜます。

Nd3_1157

ケーキにすぐに塗り回りに垂らします。

Img_1595

出来上がり

Img_1597

| | コメント (0)

2015年4月28日 (火)

日向夏でマーマレード

Nd3_0758

材料
日向夏 2個

Img_4828

砂糖  日向夏と同じ重さ
レモン 2個
サラダ油 数滴

Nd3_0715

調理

日向夏をゴシゴシ洗って皮をむき

Nd3_0685

皮はスライサーで薄く切ります。

この時に指をおろさないようにトンクで挟んでおろします。

Nd3_0686

こんな感じ

Nd3_0688

実は袋を開けて種と皮を取り除きます。

Nd3_0719

取り除いたもの

Nd3_0720

皮はサッと二回ほど茹でこぼし、アクを抜きます。(日向夏把握が少ないので試食して1回でも良さそう)

Nd3_0690

そして湯切り

Nd3_0691

湯切りしたものと種と皮を取り除いた実を混ぜて重さを測り同量の砂糖を加えます。

おまじないにサラダ油を小さじ1/2ぐらい垂らすと吹きこぼれが押さえられるそうな(界面活性して泡ができにくい?)

Nd3_0698

電子レンジ600Wで15分加熱、その後の固さで5分ぐらいずつ加熱

ちょっと赤っぽく色が変わる程度が良さそうです。

Nd3_0703

仕上がりはこんな感じ

(小さな器に取り冷やしてみて柔らかかったら再加熱します。)

Nd3_0708

ビンに詰め冷やして出来上がり

日向夏はアクが少ないのでアク抜きは短めにした方が香りが良さそうで

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

バナナケチャップ

Dsc04221

材料

キャノーラ油 大さじ 1
タマネギ 小タマネギ 1/2
ニンニク微塵切り 小さじ 1
唐辛子(ハラペーニョ)少々 
生姜 小さじ 1
ウコン  小さじ 1/4
オールスパイス (シナモン・クローブ・ナツメッグ各2振り)
潰し熟したバナナ 約2本の大バナナ
ホワイトビネガー  1/4 カップ
蜂蜜 大さじ 1
ラム酒  大さじ 1
トマトペースト 大さじ1
醤油 大さじ 1/2
塩 小さじ1/4ぐらいから加えてお好みで
水、必要に応じて

Dsc04210

手順

1

鍋に油を熱し玉ねぎが柔らかくなるまで、時々かき混ぜながら、約5分ぐらい炒め、ニンニク、ハラペーニョ、生姜、ウコン、およびオールスパイスを追加し、さらに約30秒炒める

バナナをフードプロセッサーでつぶし

Dsc04215_2

バナナ、酢、蜂蜜、ラム酒、トマトペースト、醤油、塩で細火で15分間かき混ぜながら煮て、粗熱を取ります。

Dsc04217

3
トマトケチャップのような粘度になるように水をくわえミキサーで1分ほどかき混ぜます。
味見をして塩で味を調え冷蔵庫で保存します。

Dsc04220

ケチャップは赤いものというイメージがあり製品版も赤く着色されているのですが食紅で色を付けるのはさすがに抵抗が有りやめました。(笑)

ピザソースに使ってサラミピザ

ピザには相性が良いようです。

Img_1028

| | コメント (0)

2014年10月 2日 (木)

貝焼き味噌

Nd3_7902

材料
ネギ、卵、味噌、ダシだけですのでダシ入り味噌で
Nd3_7892

貝焼き味噌と言ってもホタテの大きなからを鍋代わりにして調理したもので、貝を入れるわけでは無い料理

フライパンにネギを刻み味噌はご飯のお供なら大さじすり切り1

つまみなら大さじ1/2を100ccの水で溶いて煮込みます。

Nd3_7893

少し焦げた方が美味しいので焦げるまで(こうならないと貝焼きとは言わないかも)

Nd3_7896

卵でとじます。

Nd3_7898

まわりのお焦げも混ぜてホタテの器に盛ってできあがり

雰囲気はやはり貝の器のほうがと言うことで、大きなホタテ貝の器が手に入りませんでしたのでアルミ製の器をAmazonで

Nd3_7889

Nd3_7888

へんにいろいろ具を入れない方が美味しい貝焼き味噌です。

| | コメント (0)

«生姜とミョウガの甘酢漬け