« キュウリチャンプル | トップページ | そば揚げせんべい »

2007年8月 1日 (水)

イチジクのジャムを電子レンジで

Itizikujam

材料
イチジク               200g
砂糖(グラニュー糖)     100g   重さの1/3~等倍まで好みで
レモン汁                 1個(酢でもOK)
サラダ油                2~3滴(吹きこぼれを防止)

調理

無花果(クワ科の落葉小高木。内側に無数の花をつける卵形の「かのう」を食用にする。葉・茎は薬用。  外見からは花をつけないように見えることから「無花果」と当てた。出典:明鏡国語辞典)

Itiziku

イチジクは皮をむき、ざく切りにしておきます。白い部分はそのまま残りますので好みにより粉砕します。白い部分が少しあった方がイチゴジャムと区別が付きます。

Itizikuzai

耐熱ガラス容器にイチジク、グラニュー糖サラダ油を加えます。
さらにレモンを搾ります。レモン汁はイチジクの酸味を補うために1個丸々絞り使います。電子レンジ(950W)で3分ほど加熱しとろみを見ます。

とろみはスプーンの先に少し取り水を張った椀に垂らして広がらなければ良い状態です。写真ではちょっと固めです。(電子レンジで作るイチゴジャムより)

Strawberry_jam3

広がらなくなるまで1分~2分単位で追加加熱し、とろみを見て広がらなくなったら完成です。

見かけは、とろとろで緩くても冷えれば固まり、ジャムらしくなるので、くれぐれも固くしすぎないこと大切です。

電子レンジは焦げないのがメリットですが、とろみの調整はこまめに様子を見て堅くならないようにすることがポイントです。

砂糖の量は等倍以上なら腐らないと思いますが市販のものと違い防腐剤など一切使っていないので冷蔵庫に保存し早めに食べきることが大切です。(自作ものは市販品と同等と勘違いしてはいけません)

仕上がりはイチゴジャムより薄く透きとおった、きれいなピンク色に仕上がります。味は濃縮されるので、そのまま食べるより濃厚になります。元々完熟は甘いので、レモンを多めに酸味でアクセントを付けるのがポイントです。

|

« キュウリチャンプル | トップページ | そば揚げせんべい »

コメント

はじめまして。
クッキー作りで余った無花果の使い道を探してこちらにたどり着きました。おかげさまできれいな色のジャムができました!ありがとうございま~す。
我が家の定番はグレープフルーツジャム。
いつもは琺瑯の鍋で煮ているのですが、レンジだと少量でできるがいいですね。
他にはあまり挑戦したことがないのですが、この方法で他のジャムにもチャレンジしてみようと思います。

投稿: カソナード | 2007年10月 3日 (水) 21時29分

カソナードさん、ご評価ありがとうございます。
電子レンジでは堅めの材料を押しつぶしながら加熱はできませんが焦がす心配は少ないですね
ジャムになりにくい材料も市販のペクチンとレモンで結構なんでもジャムにできますのでお試しください

投稿: えく | 2007年10月 4日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キュウリチャンプル | トップページ | そば揚げせんべい »